支部長あいさつ

支部長あいさつ

千代田統括支部長
味園 公一

 新年あけましておめでとうございます。支部会員の皆様におかれましては、つつがなく新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 今年は社会保険労務士法制定50周年を迎えます。先達に感謝申し上げながら、皆で大いに祝いたいと思います。この先の50年を我々と後に続く者が築いていくにあたり、改めて法第1条「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的とする。
と、倫理綱領にある「品位を保持し、常に人格の陶冶にはげみ、旺盛なる責任感をもって誠実に職務を行い、もって名誉と信用の高揚に努めなければならない。」を胸に刻んで職務遂行にあたろうではありませんか。
 刻々と変わる環境の中、デジタル社会(手続きは原則3年後にオンライン化)への順応、勤務等社労士の企業内での活躍、社会貢献事業を通じた地域住民や企業への貢献と社労士の広報、他士業との協力関係による共存、AIへの対応等まだまだ課題は山積みですが、『皆に求められ、感謝をされる社労士』を目指して、支部事業を遂行しますので、引き続きご協力の程、お願い申し上げます。

このページの先頭へ