千代田統括支部 例会及び第4回研修会(9月)のお知らせ

千代田統括支部発24第6号
平成24年8月8日

千代田統括支部 会員各位

東京都社会保険労務士会
千代田統括支部
統括支部長 段下正志
( 公 印 省 略 )

千代田統括支部 例会及び第4回研修会(9月)のお知らせ

 盛夏の候、会員の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、例会及び第4回研修会を下記により開催いたしますので、多くの会員にご参加いただきますようご案内申し上げます。

1.開 催 日 時

平成24年9月5日(水) 午後2時30分~5時00分

2.会  場

電設健保会館 講堂

〒102-0084 千代田区二番町4-2 TEL:3265-0301

有楽町線 麹町駅より1分、
JR・地下鉄 四ッ谷駅・市ヶ谷駅 各8分
(地図)http://www.densetu.or.jp/member/01_info/111.html

3.例   会

午後2時30分~2時55分

・統括支部長挨拶
・東京会、千代田統括支部等に関する諸連絡
・新規入会者の紹介
・情報アラカルト

4.研 修 会

午後3時00分~5時00分

テーマ

~高年齢者雇用安定法の改正と企業の対応~
高年齢者雇用の現状を踏まえ最近の裁判例等も含めて

講 師

東京都社会保険労務士会豊島支部 特定社会保険労務士
東京都高年齢者雇用アドバイザー
自主研究会 少子高齢化調査研究会 代表   冨 澄夫 氏

内 容

労使協定で定める基準によって、継続雇用制度の対象となる高年齢者を限定できる仕組みが廃止されるなど、高年齢者法の改正にともなう企業の対応について、東京都高年齢者雇用アドバイザーである冨 澄夫氏に解説いただきます。

このページの先頭へ