必須研修会及び例会のお知らせ

千代田統括支部発27第15号
平成27年 1月13日

各位

東京都社会保険労務士会
千代田統括支部
統括支部長 味園 公一
( 公 印 省 略 )

必須研修会及び例会のお知らせ

 初春の候 皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 平素は、千代田統括支部の事業運営につきまして、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、東京会の事業運営の一環として、下記のとおり千代田統括支部必須研修会を開催いたします。ご多忙のこととは存じますが、必須研修は必ず出席いただきますようお願い申し上げます。

1.日   時

平成28年2月18日(木曜日)
【昼の部】[例 会]14:00~14:30
     [研修会]会長挨拶14:35~14:50 テーマ① 14:50~15:10 テーマ② 15:20~16:50
【夜の部】[例 会]17:30~18:00
     [研修会]会長挨拶18:05~18:20 テーマ① 18:20~18:40 テーマ② 18:50~20:20

2.会   場

損保会館 大会議室
〒101-8335 東京都千代田区淡路町2-9  TEL:03-3255-1299
JR御茶ノ水駅より徒歩5分 都営新宿線小川町駅より徒歩3分
(地図・アクセス)http://www.sonpo-k.co.jp/access.html

3.研修テ-マ
及び講師

テーマ①
「マイナンバー制度開始で、ますます重要になる電子申請!」(20分)
講 師
業務推進委員会 電子化部会委員
テーマ②
「障害者差別解消法施行に向けての対応」(90分)
講 師
(昼の部、夜の部ともに) 福島大学 行政政策学類 准教授 長谷川 珠子 氏
 平成28年4月1日から「障害者差別解消法」が施行されます。この法律は、障がいを理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項や、国の行政機関、地方公共団体等及び民間事業者における障がいを理由とする差別を解消するための措置などについて定めることによって、すべての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。
 このことに関し、厚生労働省から社会保険労務士が業務を行う上でのガイドライン(素案)も示されてきています。このガイドラインでは、障がい者への差別的取り扱いをしないこと、また必要かつ合理的配慮を行う上での必要な考え方などが示されています。
 そこで、今回の必須研修会では、「障害者差別解消法」施行に向け、社会保険労務士が業務を行っていくうえでどのようなことを理解しておかなければならないのか、どのような対応をとるべきなのかについてご講義いただきます。

4.受 講 料

無 料

* 昼の部、夜の部ともにテ-マは同じです。昼の部は満席の場合、立ち見または入場をお断りすることがありますので、なるべく夜の部を受講されますようお願い申し上げます。

※2月18日(木曜)は必須研修会です。

このページの先頭へ